北海道の自然を満喫するならレンタカーは必須です!

carpic-49
広大な北海道を満喫したいのであれば、レンタカーを利用することが最もおすすめな方法です。たいへん自然が豊かで魅力的な観光地が多い地なのですが、公共交通機関は札幌周辺を除き充実しているとは言えない状況ですので、観光地へのアクセスが不便なのです。

特に世界遺産の知床半島などがある道東地方はとても人気がある観光地ですが、最寄り駅へアクセスできる列車の本数はかなり少なく、バスの本数もごく限られています。そのために、バスや列車を1本逃してしまうと丸一日近く時間を無駄にしてしまうという可能性もあります。やはり効率よく観光地をめぐるためにはレンタカーを利用するべきでしょう。
北海道内は近年高速道路や高規格道路の整備が急速に進んでいますので、とても快適にドライブを楽しむことが可能です。特に道東方面へのアクセスは2011年の道東自動車道の全面開通によって飛躍的に便利になりました。

既に札幌から釧路市阿寒まで高速道路を利用してノンストップで移動することが可能となっています。またオホーツク海側の網走北見紋別方面へは旭川紋別自動車道、道南方面には道央自動車道や日高道、道北方面にも士別市まで道央自動車道が延伸しています。そのため、観光拠点となる札幌市を中心に、高速道路や高規格道路を利用し、レンタカーで観光を楽しむ人が多く見られるようになっています。

また観光地と観光地の距離が大変離れているのも北海道の特徴です。知床から阿寒湖へ、富良野から札幌へ、函館から小樽へなど、主要な観光地を複数箇所めぐるとなれば、それらの場所を直接結ぶ交通機関がほとんどないために、もはや自動車以外での短時間移動は不可能です。つまりレンタカーが必須となるのです。
なお、地図上では近く見えていても実際は想像以上に距離がありますので、レンタカーを利用しての移動でも時間に余裕をもって安全運転を心がけてください。広い道路でついついはやく出して速度違反の取り締まりを受けてしまったり、素晴らしい自然の風景に見とれてしまい事故を起こしたりしてしまっては大変です。ゆっくりと慎重な運転で、大自然の中のドライブを楽しんでほしいものです。

レンタカーは道内に点在する空港や、主要な都市部の駅など、多くの場所で利用手続きを行うことが可能です。レンタカー比較サイトなども活用し、よりお得に借りられるように調べることもおすすめです。スカイチケットで北海道のレンタカー情報を得るのもよいでしょう。場所によっては、乗り捨ても可能であるなど、利便性もたいへん優れています。

◆紹介◆→スカイチケットで北海道のレンタカーを借りよう

北海道のレンタカー徹底比較!

北海道を旅するなら、レンタカーは必須です。
面積が広くて走行距離が長くなる旅が多いので、自然をまわる予定ならばしっかり走れる車種を選ぶようにしましょう。
特に、冬道を走る場合にはレンタカー比較が重要です。

冬道のドライブはそれだけで危険なものですが、北海道の冬は雪深く、気温も低くなってアイスバーンになりやすいです。
なので、レンタカーでは必ず4WDとスタッドレスタイヤが装着されているものを選びましょう。
真冬ではなくても、峠などでは気温が低いために路面が凍結していることがあります。また、朝早く出かけると路面が凍っていることも多いです。
基本的には4WDの車種を指定して予約するようにしましょう。

冬道のドライブは、慎重すぎるくらいがちょうどいいです。道民だと路面状態や危険な場所を把握しているのでスピードがはやいですが、道外から来てまったく道がわからない場合は控えめに運転しましょう。

自分が遅いと周りから迷惑に思われたり、急かされるのではと心配になるかもしれませんが、自分がコントロールできる速度を守ることが大切です。
特に、交差点の手前は凍結した路面が減速と発進した車のタイヤにみがかれて、ツルツルになっています。よく見ないとわからないほど薄い氷がはっていることもあります。
ここはスタッドレスタイヤを装着していても滑りやすいので、車間距離を十分にとってブレーキははやめに対処できるようにしておきましょう。
また、山道は日陰になりやすいので、コーナーに要注意です。外気温がマイナスになる時には、日向でも路面が凍結している可能性があります。雪が溶けているとそれに足をとられて滑ってしまう危険性もあるので、細心の注意を払って運転するようにしましょう。

北海道は自然が豊かで、冬でも雪景色や流氷、冬の生き物などを見ることができます。また、冬にしか満喫できないウィンタースポーツも充実しています。
もしウィンタースポーツ目的でスキーやスノーボードを持っていく場合には、余裕のある大型車種が適しています。
レンタカーを借りるならば「timescarレンタル」「ホンダレンタカー」「マルゼンレンタカー」「日産レンタカー」「トヨタレンタカー」「オリックスレンタカー」あたりが人気があります。

特に「タイムズレンタカー」は道内の各エリアに発着OKなので使いやすいです。
好きな車種を選んで走れば、ドライブの時間も充実させることができます。

北海道周遊なら電車よりもレンタカーの方が絶対イイ!

北海道に旅行に行くのであれば、電車などの公共の交通機関よりもレンタカーの方が絶対に良いです。なぜなら、北海道の公共の交通機関は東京などの都会のものと比較すると本数が少なく、電車が通っていない場所が多いからです。そのため、行きたいところになかなか行けずに終わってしまう可能性があります。特に、北海道は自然豊かな場所であり観光名所は山や湖など自然の中にあることが多く、こういった場所には公共の交通機関で行くことは難しいです。

特に、今SNSなどで話題になっているトマムの雲海terraceや、美瑛の青い池などは札幌や旭川など比較的栄えているところから離れており、公共の交通機関で移動すると長時間の移動になってしまいます。さらに、本数も少ないため乗り合わせが上手くいかないことの方が多く、目的地まで辿り着けないことも珍しくありません。しかし、レンタカーであれば数時間程度で行けるところも多く少ない時間でたくさんの場所を楽しむことができるのです。

なので、一か所の場所に留まらず色んな地域や地方にいって満喫することができます。旅行の計画を立てる時に、移動手段としてレンタカー比較するとわかりやすいです。電車などと比べても、行動範囲が格段に違います。またここでのうごきは、車が主流となっているためどの観光地や観光施設にも駐車場が必ずあります。そのため、駐車場を探したり、駐車代といった無駄なコストもかかることはありません。それだけでなく、土地が広いため道路も広くなっているため運転に自信がない方でも比較的安全に運転することができます。こういったゆったりとした土地で運転するのは普段運転しない方にもお勧めできます。

夜飲みに行きたい場合でも、レンタカーを使用することをお勧めします。決して、飲酒運転をしても大丈夫という意味ではありません。ここでは、車が主流となっているためか代行サービスというものが充実しています。これは、運転手の代わりにくるまをうんてんしてくれる業者がいて目的地まで自分の車を代わりに運転してくれて目的地まで車も自分も運んでくれるというサービスになっています。そのため、レンタカーで飲みにいっても運転手を用意する必要がないため全員でお酒を楽しむことができるのです。こういった点からも、レンタカーで移動することで自然も満喫することができ、移動も楽にできるなどこうきょうの交通機関よりも優れており、より満喫した旅行にするためにはレンタカーを利用するのがお勧めです。

北海道の乗り捨て可なレンタカーはどこ?

北海道のレンタカー比較の際に知っておきたいのが、乗り捨て可能(ワンウェイ)という用語です。
他店舗に返却することができるサービスで、長距離を移動する必要がある北海道旅行に適しています。
例えば、新千歳空港から稚内まで行ったとすると、また新千歳空港までレンタカーを走らせて帰るのは大変です。

しかし、乗り捨て可能であれば、稚内まで行って、最寄りの店舗に返して稚内空港から乗って帰ってくるということができます。
最近ではLCCなどの格安航空会社も増えているので、バス並みの価格で乗って帰って来ることができる場合もあります。
レンタカーで北海道の自然を満喫するならば、高速道路を使わずに行ってもいいでしょう。かなり時間はかかりますが、泊りがけで行くという予定ならばじっくり観光地を回ることができるので適しています。

ただし、この場合は事前にしっかりスケジュールを立てて、必ず返却時間を守れるようにしましょう。他店舗に返すといっても、ある程度どこに返すのかという目処は立てておく必要があります。
乗り捨て利用は基本的に事前申し込みが必要です。乗り捨て料金は各車をかりれる会社で、車種や出発営業所〜返却営業所の距離によって決まります。また、道内や50km未満、指定エリア内であれば無料にしているレンタル会社もあります。

一定の条件を満たせば乗り捨て代金がかからない業者は便利です。ただし、そのせいで旅行を満喫できないということにならないようにしましょう。
安くなるのはいいことですが、安さばかり優先させるとせっかくの旅行を楽しめます
安くワンウェイサービスが受けられる業者には「トヨタレンタリース」があります。

ここの魅力は、ハイブリッドカーの保有台数が多いところです。ハイブリッドカーは低燃費なので、ガス欠に陥りやすい長距離ドライブにも適しています。しかも二酸化炭素の排出量を抑えて走ることができるので、環境保護にも貢献できます。
ガソリン代が少なくて済むので、お財布に優しいです。

新千歳空港からのアクセスも良く、店舗数と保有台数が充実しているのが強みです。
また、カーナビが標準搭載になっているので、初めての旅先で迷う確率を減らすことができます。音声ガイドなども活用すれば、迷わずに効率的に観光地を巡ることができるでしょう。

ケージに入っていればペット同乗可サービスのオプションもあります。

北海道の格安レンタカーを比較検討!最安値はどこ?

北海道の格安レンタカーを比較検討してみると、広大な大地を走り抜ける便利なレンタカーを借りるために、最安値のエンタカーを探すことができます。とても広い土地ですので、自動車がない行動は大変ですし無謀です。でも自動車をレンタルできることで、行動範囲はさらに広がりを見ることができますし、自動車があることで、自分の好きな場所に簡単に移動をすることができます。団体バスツアーは気楽なものですが、レンタルで自動車を利用できるなら、そのほうが自由度はかなりアップをします。だからレンタカー比較をして、広い魅力ある自然の中を、お得なプライスで借りたレンタカーで走り抜けて楽しみましょう。

とにかく土地が広いものですから、ついアクセルを踏み込んでしまいがちにはなりますが、そこはやはり日本ですので、速度は守り安全運転でいきましょう。冬は厳しい場所ですので、うっかりスピードを出してしまいますと、車といっても足元は滑ることになります。自動車は速度を守りながら、美しい季節の中を目的地に向けて、快適なドライブを楽しむようにしましょう。地元の人でも冬場は車でも滑ってしまうので、雪のある地方に慣れていない人は、真冬以外でレンタカー利用をしたほうが安全です。

冬は厳しいながらも美しく、そして初夏を迎える前の、春から初夏にかかることは過ごしやすいですし、美味しいものもたくさんです。ラベンダーの花も咲き乱れますし、快適な澄んだ空と風と景色に、心を奪われることになるでしょう。キタキツネや動物が、のどかに道を歩いていたりすることもありますので、車を止めて眺めたりするのも、心まで癒されることになります。野生動物は警戒心もありますが、中にはのんきな動物もいますので、近くに人間がいても即効で逃げることがないような、不思議で嬉しい体験をすることもあります。

ふかふかで可愛らしいリスを、木々の中で見つけることもあるでしょう。動物たちと遭遇する機会は、本土に比べたらかなり高いですし、そこで心を癒されることもにもなります。エリア的にもホクホクのじゃがいもは美味しいですし、新鮮な魚介類も食べ放題の贅沢さがあります。冷凍ものの鮭やいくらなどではなく、まさに採れたての新鮮そのものの魚介類を口にできるのも、このエリアならではのグルメの醍醐味になります。狭い都会でストレス生活などを忘れる位、北海道というのはダイナミックであり、自然のパワーに心まで癒されます。